きのこのハッシュドビーフ

2019.11.11 レシピ

きのこのハッシュドビーフ

三温糖レシピ保水性秋の献立

市販のルウを使わずに作るハッシュドビーフは、三温糖を使ってコクのある味わいに。お肉は砂糖をもみこむことでやわらかく仕上がります。

●材料(4人分)

牛肉(薄切り)...300g

 三温糖...ひとつまみ

 塩・こしょう...少々

 薄力粉...大さじ1

しめじ・まいたけ・しいたけ...各1パック

玉ねぎ...1個

三温糖...大さじ1/2

にんにくのみじん切り...1かけ分

オリーブオイル...大さじ1

赤ワイン...100mL

薄力粉...大さじ2

[ソース]

 三温糖...大さじ1

 しょうゆ...大さじ1

 コンソメ(顆粒)...大さじ1/2(固形のものなら1個)

 ウスターソース...大さじ2

 トマトケチャップ...大さじ3

 カットトマト缶...200mL

 水...400mL

 ローリエ...1枚

バター...大さじ2

●作り方

  1. 玉ねぎを薄切りにして耐熱容器に入れ、 三温糖とよく混ぜてラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱する。

  2. 牛肉は塩・こしょう、三温糖をもみ込み、続けて薄力粉ももみ込む。

  3. しめじは根元を切り落し、ほぐす。まいたけは食べやすい大きさに手でほぐす。しいたけは石づきを取り、軸をはずして手で細かくさく。かさは薄切りにする。

  4. 鍋にオリーブオイル、にんにくのみじん切り、1を入れて、弱火~中火で玉ねぎが少し茶色くなるまで4~5分炒める。

  5. 牛肉を入れ、色が変わったら赤ワインを加えてひと煮立ちさせ、アルコールを飛ばす。

  6. きのこ類をすべて入れ、薄力粉を加えて軽く炒める。粉気がなくなったらソースの材料を加えて、こげないよう混ぜながら10分ほど中火で煮る。火を止める直前にバターを加えて完成。

hushedbeef2.jpghushedbeef3.jpg

★ここがポイント

お肉は加熱すると固くなりますが、下ごしらえのときに砂糖をもみ込むと、砂糖の保水力でお肉のたんぱく質と水分が結びつき、お肉がやわらかく仕上がります。

【関連記事】

なめらかな食感に役立つ 砂糖の保水性
2019.10.21
なめらかな食感に役立つ 砂糖の保水性