砂糖と虫歯の関係~前編~

2020.07.17 知識情報

砂糖と虫歯の関係~前編~

う蝕おやつハイドロキシアパタイト虫歯虫歯菌

「甘いものは好きだけど、虫歯が心配」という声はよく聞かれます。甘いものは虫歯の原因と考えられ、子供のころに「おやつばかり食べていると虫歯になるよ」としかられた経験がある人もいるのではないでしょうか。


「虫歯」ができるしくみ

まずは、虫歯ができるしくみについてお話します。

虫歯のしくみ.jpg

①食べものを食べると、口の中にいる、虫歯の原因になる細菌(以下「虫歯菌」)が食べものの中のショ糖(砂糖の成分)をブドウ糖と果糖に分解します。

②虫歯菌は、ブドウ糖から「グルカン」というネバネバした物質を作ります。グルカンは歯に強固に付着して、歯垢を形成します。

③虫歯菌が歯垢の中にすみつき、新たなショ糖を分解します。そして、ブドウ糖から新たにグルカンを作って歯垢を大きくしたり、ブドウ糖と果糖を取り込んで代謝し、乳酸などの酸を出したりします。
※糖は必ずしも分解されてから取り込まれるわけではなく、そのまま虫歯菌に取り込まれ、その後分解されて酸が出る場合もあります。

④酸が長く歯に滞留すると、歯の硬組織の主成分である「ハイドロキシアパタイト」を溶かしてしまいます。この状態が「虫歯」で、専門用語では「う蝕(うしょく)」と言います。


虫歯菌は、①の時も③と同様に果糖を取り込んで酸を出していますが、歯垢がない状態では虫歯菌はすみかがなく、酸は唾液で流れるため、う蝕しにくいのです。ですから、虫歯菌のすみかとなる歯垢の形成が、う蝕の大きなきっかけと言えます。

う蝕には段階があり、最初は歯の表面の構造で、98%が硬組織の「エナメル質」が欠けるだけですが、さらに進むとエナメル質の内側の「象牙質」に達し、歯の神経である「歯髄」を刺激すると痛みを感じるようになります。

歯の構造.jpg

では、なぜこのように虫歯ができるのでしょうか。次回は、「砂糖と虫歯の関係~後編~」のコラムで、虫歯の原因や、おやつと虫歯の関係についてお話しします。



【関連記事】

iStock-177243184.jpg
2020.06.10
砂糖と味覚
iStock-871510412.jpg
2020.07.27
砂糖と虫歯の関係~後編~