クッキーをレベルアップさせる「超微粒グラニュ糖」

2022.08.01 知識情報

クッキーをレベルアップさせる「超微粒グラニュ糖」

お菓子クッキーシュクレーヌ手作りお菓子砂糖の種類超微粒グラニュ糖


家庭でも手作りお菓子として親しまれているクッキー。
クッキー作りで使用される砂糖は主にグラニュ糖ですが、使用する砂糖によってじつはクッキーの出来上がりが変わるのです。
砂糖によってクッキーにどのような違いが現れるのでしょうか?


お菓子作りに使われる砂糖


以前「砂糖の種類と使い分け方」のコラムでご紹介したとおり、砂糖にはたくさんの種類があります。その中の一つ、グラニュ糖は純度が高く、すっきりとした甘みでお菓子作りに適していますが、中でも超微粒グラニュ糖 (製菓用のグラニュ糖)という粒子の細かい種類があります。当社では『シュクレーヌ(極微粒グラニュ糖)』という商品名の超微粒グラニュ糖があります。
そこで今回は、一般のグラニュ糖とシュクレーヌを使用してクッキーを作り、実際にどのような違いが出るのか検証してみました。


実際にクッキーはどう変わる?


使用した材料は薄力粉、砂糖、バター、卵です。材料・分量は、砂糖の種類以外全て同じにして作りました。それでは、どのような出来上がりになったのかみていきましょう。

クッキー②.jpg

見た目から明らかな違いがあります。グラニュ糖を使用したものは表面に粒子のつぶつぶが残っていますが、シュクレーヌを使用したものは表面がなめらかでとてもキレイです。
食感、味にも違いがありました。グラニュ糖を使用したものは、「ザクザク」とした食感を楽しめるクッキーでしたが、シュクレーヌを使用したものは「さっくり」として、口の中でほどけやすく上品な口当たりでした。また、シュクレーヌを使用したクッキーはより甘みが引き立ち、香りもよくバターの風味が豊かに感じられました。
同じグラニュ糖でも、味にも仕上がりにも違いが生まれる驚きの結果になったのです。


違いの理由は「粒子の大きさ」


なぜ同じグラニュ糖で、ここまでの違いが出たのでしょう?
超微粒グラニュ糖は、他の砂糖と比較してとても粒子が細かく、大きさも均一です。そのため、生地作りの際にすばやく溶け、均一に混ざり合いなめらかな生地になります。砂糖の粒子が残らないことで、焼き上がりがきれいになり、食感もよくなるのです。甘みが引き立ったのも、砂糖が均一に混ざった結果だと思われます。

クッキー_イラスト.jpg

近年では、インターネットやスーパーでも手軽に製菓用の砂糖が購入できるようになりました。砂糖を変えるだけでも格段に味や仕上がりがレベルアップし、ご家庭でも本格的なお菓子作りが楽しめます。
ぜひ一度、シュクレーヌなどの超微粒グラニュ糖を使用して本格的なお菓子作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



【関連記事】

砂糖の種類と使い分け方
2019.11.25
砂糖の種類と使い分け方
お菓子作りにおすすめ 超微粒グラニュ糖「シュクレーヌ」の秘密
2020.02.07
お菓子作りにおすすめ 超微粒グラニュ糖「シュクレーヌ」の秘密



【商品詳細/ご購入はこちら】

web_47632【シュクレーヌ1kg】.png    シュクレーヌ 1kg